給湯器の水漏れによる水道工事

給湯器の水漏れによる水道工事 家の中でのトラブルで特に困るのは水回りのトラブルではないでしょうか。家の中で水を使う場所は台所、トイレ、お風呂など生活に欠くことのできない場所ばかりです。トイレなら詰まりが原因で汚水が溢れることもあり、台所では蛇口からの水漏れや排水口からの異臭などが発生します。
日頃からこまめなお手入れと掃除、チェックを行うことで発生を抑制したり、解消できたりする可能性があります。しかし水道の破損具合によっては工事が必要になることも考えられます。その場合は業者に速やかに連絡をし、見積もり依頼を行いましょう。集合住宅の場合、自宅だけではなく階下への被害も考えられますので、早めの対応が肝要です。

■冬場に特に困る給湯器の故障

寒い時期のお風呂は体が温まり、疲れも取れるので仕事帰りや学校帰りにはバスタイムが待ち遠しいものです。しかし給湯器 水漏れなど給湯設備の故障がこの時期に起こると、お湯が出ずに非常に困るようになります。
給湯器の仕組みを知っておくことで故障の原因を特定しやすくなり、お手入れの仕方なども分かるようになるので、あらかじめ特徴と仕組みのポイントを押さえておきましょう。ただし給湯器はガスを使用する器具のため、給湯器 水漏れが起こっても分解したり、個人で修理することは止めておくことが大切です。普段の動作音と違う音がしたりガス臭がする場合はすぐに使用を中止し、業者へ連絡をして安全確保のためにガスを止めます。この点に注意して使用することがとても重要です。

■給湯器の仕組みとは
給湯器のスイッチを入れると当たり前のように温かいお湯が蛇口から出てきますが、仕組みや構造はどのようになっているのでしょうか。
ガス給湯器はその名の通りガスを使ってお湯を沸かす設備です。つまりガスの燃焼力を使って給湯する機械がガス給湯器です。この給湯器の加熱処理の仕方によって、給湯器は2種類に分かれます。一つは貯湯式です。簡単に言えばお鍋に水を入れて沸かす原理と一緒です。この貯湯式は100から300リットルの水をコンロ程度の火力で時間をかけて温めますが、現在ではこのタイプの給湯器具は電気に変わっていることが大半です。電気ヒーターで加熱して決められた温度まで上がると消火し、一定温度を下回ると再び点火します。
もう一つは瞬間式です。金属のパイプに水を流し、それをガスで断続的に温める方式です。ガス栓を開きガスが供給される間は常に一定温度に水を温め続けることができます。

■給湯器 水漏れが起こる原因

給湯器のトラブルで一番多いのが給湯器からの水漏れです。なぜ給湯器から水漏れが起こるのが原因を紹介します。
まず考えられるのは長期間使用しなかったことによって、内部の減圧を行うために水抜き栓から水を排出する場合です。長期間使用していなかった時は北国を除いて一度お湯を沸かしてみましょう。それで正常に動作し水漏れが止まるようなら問題ありませんが、北国で寒冷地の場合は内部機器が凍りついて膨張し破裂する恐れがあるため、危険ですので業者に依頼をしましょう。
次に経年劣化によるパッキン破損が引き起こす水漏れです。給湯器は毎日使うものですから摩耗してしまう部品が出てきます。この場合は損傷している部品交換をしない限り水漏れが止まることはありません。早急に業者に来てもらい対処しましょう。
給湯器は構造上内部に圧力が充満したら減圧のために外部へ水を排出します。水抜き栓からの水漏れは心配はいりませんが、不安な場合は水道工事業者に確認を依頼することが大切です。

■まとめ
給湯器はガスを使用する器具ですので、素人判断で内部を確認したり修理をしたりすることは危険ですので絶対に止めましょう。給湯器 水漏れなどの異常を感じたら、水道修理等を請け負っている業者にただちに連絡をして確認してもらい、必要に応じて工事等の見積もりを取ってもらうことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース